QLOOKアクセス解析

彼岸島 白石隼也 鈴木亮平

ドラマ「彼岸島」のあらすじ・視聴率・キャスト(出演者)・主題歌・原作・感想などを紹介。ドラマ「彼岸島」は、白石隼也・鈴木亮平・栗原類・山下リオ・佐藤めぐみら出演。原作は、松本光司さんの漫画「彼岸島」。


彼岸島


「彼岸島」感想(最終回・第10話・12月26日)

佐藤めぐみさん出演ドラマ「彼岸島」(最終回・第10話・12月26日)の感想です。


雅(栗原類)を倒せたと思ったら、生きているようですね。

ドラマの続編も考えている!?

それか映画化ということもあるのかな。

宮本篤(鈴木亮平)は、封印するために島に残ることにしたわけだから、

生き返ることは想定済みだったのかな。

封印とは雅を洞窟に閉じ込めることだと思うから、

洞窟の中で甦ったのかな。






「彼岸島」感想(第9話・12月19日)

山下リオさん出演ドラマ「彼岸島」(第9話・12月19日)の感想です。


ついに宮本明(白石隼也)や宮本篤(鈴木亮平)たちが島を元に戻して、

無事に脱出するために動き出しましたね。

作戦が上手くいくといいのですが。

501は雅(栗原類)に対して効果あるのかな。


「彼岸島」感想(第8話・12月12日)

鈴木亮平さん出演ドラマ「彼岸島」(第8話・12月12日)の感想です。


ケン(遠藤雄弥)は完全に吸血鬼になってしまいましたね。

ユキ(山下リオ)の血を吸ったからポン(西井幸人)のようにはならずに済むのかな。

ついに501を発見しましたけど量が少ないような。

しかも古そうだし保存状態も悪いような。

ちゃんとワクチンとして使えるのでしょうかね。

使えたとして、雅(栗原類)に打つのは難しそう。




「彼岸島」あらすじ(第8話・12月12日)

白石隼也さん出演者ドラマ「彼岸島」(第8話・12月12日・木24)あらすじは、


宮本明(白石隼也)と宮本篤(鈴木亮平)は、

柳島(諏訪太朗)の手記の寄贈先で、

明たちを彼岸島に誘った張本人の冷(佐藤めぐみ)を見つける。

幼なじみの悲劇を胸にケン(遠藤雄弥)は怒り狂うが、

冷の持つ当時の資料から雅(栗原類)を倒す秘策「501ワクチン」の存在を知る。

TV LIFEより)


ワクチンを雅に打つことで不老不死ではなくなるということ!?


「彼岸島」感想(第7話・12月05日)

白石隼也さん出演ドラマ「彼岸島」(第7話・12月05日)の感想です。


宮本篤(鈴木亮平)は、自分の責任だとかなり感じていますね。

でも弟の宮本明(白石隼也)は誰のせいでもないようなことを言っていました。

その時の環境があってその人の立場がありますから難しいですね。

負のスパイラルを断ち切るにはどうしたらいいのか。

どうやらケン(遠藤雄弥)(だと思う)が吸血鬼になってしまった感じですね。

仲間がだんだん減って来ていますね。

無事に解決して脱出できるかな。






お気に入り


Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader




ランキング
ブログランキング